ダイヤ以外で選ぶ個性的な誕生石の魅力とは。

ダイヤモンド以外の婚約指輪で、どんな宝石の指輪を探すかといえば、まず思い浮かぶのは誕生石です。

誕生石にはそれぞれどんな個性があり、どのような魅力が備わっているのでしょう。

よく言われることには、「自分の誕生月の宝石を身に着けていると運気が上がる」とか、「パワーが増す、力の源になる」などです。

ですから誕生石のことをパワーストーンと表現したり、あるいは自分の守護石などと言う人もいます。

婚約指輪は相手の幸せを願うものでもありますから、そう考えるとエンゲージリングとしてだけではなく、マリッジリングとして双方の誕生石を身に着けておくというのもいい発想かもしれません。

石言葉などというのもあり、信じる人はそれを一生の指針にもしています。

ちなみにここ数年のトレンドとして、婚約指輪や結婚指輪は、金ならゴールドだけで、プラチナならプラチナ単体でといったように「シンプル・イズ・ベスト」な指輪選びが主流になっていますが、こういった素材と誕生石を組み合わせて婚約指輪・結婚指輪をつくる人も増えています。

誕生石を婚約指輪にさり気なく埋め込むことで、パワーや力を授かり、安全に健康に、そして幸せに暮らせることを願うという心理のあらわれでしょう。

誕生石について1月から12月までを順を追って調べてみました。

1月の誕生石はガーネットで日本名は柘榴石です。

2月の誕生石はアメジストで日本名は紫水晶です。

3月はアクアマリンで、この誕生石には、藍玉、コーラル、珊瑚、ブラッドストーンといったような数種類の名前が付けられています。

同じ誕生石でも見た目でいくつかの特徴や傾向に分かれるからです。

4月はダイヤモンドで日本名は金剛石。ピンときませんがクォーツ、水晶などと呼ばれることもあります。

5月はエメラルド、翡翠。

6月はパール、真珠。ムーンストーン、月長石などとも呼ばれています。

7月はルビー、紅玉。

8月はペリドット、橄欖石。

9月はサファイア、青玉。

10月はオパール、蛋白石、紅水晶。<br>

11月はトパーズ、黄玉、黄水晶。

そして12月はターコイズ、トルコ石となります。

誕生石はものによっては表面に加工などを施すと価値が失われることもありますので、注意しましょう。

またパワーストーンとしての効力が薄れるとも言われています。

ダイヤモンドと組み合わせたり、イエローゴールドなどゴールド系のリングと組み合わせたりする例もあります。

あまり凝りすぎてフルオーダーメイドなどにすると価格がアップしてしまいます。

また日常の生活や家事仕事には向かないような、着けづらい指輪になってしまうので、ほどほどのところで折り合いをつけるべきです。

花嫁となる相手の女性の好みや意見も良く聞いて、納得のいく指輪をつくりましょう。